2009年06月04日

首と全身

パソコンを何時間か操作して
後で、後頭部にある眼の関連点を調べると

やはり緊張が増している。

これは触らなければきっと分からないだろうと思う。

このポイントを頭蓋骨をやや持ち上げるようにして
押さえると、大変に心地よい。

昔からアゴが上がる、という言葉があるが
アゴが上がると言うことは、

つまり、後頭部は下がることになるわけで
当然首も圧迫を受けることになる。

眼の疲れはそういった緊張を誘発させることになる。


今日は長男と一緒に上野の阿修羅展を見に言ってきた。
待ち時間、110分で4列に並んでぞろぞろと歩いて
というか、ずっと立っていた。

途中くたびれたので自分の首の疲れが取れるように
工夫をしてチェックをしておいて
息子にも試してみた。

「なんだこれ、首が緊張するから腰や足が疲れるの?」

それはあるね。

首を整えた分、腰が整って全身が楽になったというわけだ。

「じゃぁ、首以外の処がおかしくて、首に来て、

またそれが腰や足の疲れになって‥‥、

そういうことがあるってことかぁ」
posted by 由 at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして金光さま、コン太と申します。
ブログを拝見して
「痛みをとる蒸しタオルの効果」について
取材を受け、記事として紹介されました!
は凄いですね、これからコン太も試してみたいと思っています。
今後ともよろしくおねがいします。
Posted by コン太 at 2012年04月12日 21:46
コン太さん、書き込みありがとうございます。
蒸しタオルの効用範囲は広いです。

みなさん「こんなので治ったら常識が壊れてしまう」
というちょっとした恐れがどこかにあるのかもしれません。
あるいはちょっとしたエステの延長程度の
認識しか持ってないかもしれません。

しかし、これがどうしてどうして、
腰痛や花粉症を始め種々の内臓の病まで使えるのですよ。

是非お試しになって下さい。
使い方の注意を守っていただければ本当に応用の範囲はしれません。
▼入門1. スゴイ効果のわりには簡単すぎる【 蒸しタオル 】
http://me-karada.seesaa.net/article/13385577.html#comment


Posted by 金光 at 2012年04月21日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
My Yahoo!に追加このBlogをMyYahooRSSリーダーに追加
addto_w.gifこのブログをはてなRSSリーダーに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。