2009年06月04日

首と全身

パソコンを何時間か操作して
後で、後頭部にある眼の関連点を調べると

やはり緊張が増している。

これは触らなければきっと分からないだろうと思う。

このポイントを頭蓋骨をやや持ち上げるようにして
押さえると、大変に心地よい。

昔からアゴが上がる、という言葉があるが
アゴが上がると言うことは、

つまり、後頭部は下がることになるわけで
当然首も圧迫を受けることになる。

眼の疲れはそういった緊張を誘発させることになる。


今日は長男と一緒に上野の阿修羅展を見に言ってきた。
待ち時間、110分で4列に並んでぞろぞろと歩いて
というか、ずっと立っていた。

途中くたびれたので自分の首の疲れが取れるように
工夫をしてチェックをしておいて
息子にも試してみた。

「なんだこれ、首が緊張するから腰や足が疲れるの?」

それはあるね。

首を整えた分、腰が整って全身が楽になったというわけだ。

「じゃぁ、首以外の処がおかしくて、首に来て、

またそれが腰や足の疲れになって‥‥、

そういうことがあるってことかぁ」
posted by 由 at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

蒸しタオルが世界一受けたい授業で2週続いて紹介

先日、テレビ番組「世界一受けたい授業」で

蒸しタオルが紹介されました。

出演したのは眼に関して本を何冊も出されている
専門家なので、眼そのものの機能について
分かりやすく説明されていた。

こういう、傾向はきっと良いことなんだと思う。

まだ、薬依存傾向がある人には眉唾ものかもしれないけど
とにかく、気持ちいいー!!ってのには勝てないしね。

それに比べると薬や注射には快感が無さ過ぎる。


それがまた、同じ番組で次週には花粉症対策でも
蒸しタオルが登場してしまった。


きっとこういう傾向が続いていくと、
何故、蒸しタオルが効くんだろうという
広い範囲での興味が湧いてくるとともに

医科学的にも説明が付くようになってくると思う。


どんどん拡がって欲しい。

ネットのどこかで読んだけど、
40度ほどの蒸しタオルを当てると生理的に
良変化があることが検査されたらしい。


整体が手だけで確かめたことが
自然に適っていることの証明が具体的についてきた。


「整体って素晴らしいです!」
医科学の専門家も皆さんに応援を
戴いているみたいでなんとも、嬉しい。


本の数十年前には洋式便所は
今ほど普及してはいなかった。

家庭の中ではほぼ当たり前になっている。

そんな風に、蒸しタオルも特に冬場には
当たり前な作業になっていくかもしれない。

電子レンジのお陰で実に簡単に作れることだし。
posted by 由 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

蒸しタオルの害

蒸しタオルで眼の疲労や体の疲労をとり、

場合によっては症状の改善効果が期待できる、

しかも害がない!

そう書いておきながら、蒸しタオルの害を書くのは
ちょっと変と言うより矛盾があります。

しかし、最近「蒸しタオルの害」について
書く必要を強く感じています。

というよりも、書かねばならなくなってきました。


どういうことか?


このごろテレビで蒸しタオルを商品にしたコマーシャルをやっています。

どこの何という商品かを書けば営業妨害になるので書けませんが

とにかく蒸しタオルの効用の肝心な原理を度外視している。



なぜ、こうなるのだろうと悲しくなります。

本当に短絡的としか言いようがありません。

場所的に蒸しタオルの害があるのは頭のてっぺんです。

頭寒足熱という言葉通りで、頭頂を温めるのはよくありません。



まさか商品としての蒸しタオルを頭のてっぺんに当てる人もいないと思う。

問題は蒸しタオルが何故効用をもたらすか、
その原理をふまえた扱い方、

「 間断なく当て続けてはいけない 」

このことを全く理解していません。

実は、緩急をつけないで同刺激を続けることは
逆効果を引き出すことさえあるのです。



これは蒸しタオルだけでなくサプリメントでも大変顕著です。

NHKのラジオ番組「健康百話」で東北大学の坪野よしたか先生という
方が、次のことを話していました。

  一時期、癌の予防効果があるといわれたβカロチンは死亡率を
  高める効果がある。動脈硬化に効果があるといわれたビタミン
  Eは心筋梗塞心臓病を起こす効果がある。

  短期間小規模では良い効果のみのようでも、長期間大規模のデ
  ータをでは単一の栄養素だけを取りつづけると悪影響が出る。
  食べ物そのものから摂取するのは害がないのにです。

                     「世界保健機関の報告書」より




私達は「 効果がある 」この言葉に弱いです。

裏にコンプレックスがあるからです。

だから何かが効果があるとなると、

「さらに量を上乗せすればもっと効果があるのではないか」

「三日坊主を克服して持続すれば完璧な効果が期待できる」

そういう空想が働いてしまうのです。



確かに継続は力です。

しかし、それは何かに依存することの継続ではなく
自力を引き出すことの上でのはずです。

蒸しタオルが効くのはこの自力を引き出すからに他なりません。

あまり分厚くないタオルで4,5分温めたら冷めてくる。

冷めてきたら体にそのことに反発する働きが生じます。

そこで、蒸しタオルを作り直す。

温かさで寄り添い手助けし、力が付いて気力が出る、手を引く、
その小さなサイクルを繰り返す。

そうやって血管に運動性がついて弾力が増してくる。

蒸しタオルではなくこのことが効果の源泉なのです。



【 くれぐれも当てっぱなしにしないでください 】

このことは、蒸しタオルの注意点にこれが魔法に断り書きが
あるのと同じくらい大事だと書いておきました。



「蒸しタオルの温かさが何時間にもわたってあなたを芯から温めます揺れるハート

こんなコピーを聞けば使いたくなるのは当然と言えば当然。

しかし、何時間も当てていて、自力を奪われたからだが
一体どのような結果を引き起こしてしまうのか。

それを思うとTVコマーシャル見ただけで気分が悪くなる。

お金を払ってまで体をおかしくすることはないと思うのですが

皆さんはどう思われますか?

posted by 由 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

デバッカーと眼の疲れ…脳の血管系を大事に…

デバッカーって大変なんだそうですね。

息子の友人にデバッカーの仕事をしている人が居るそうだ。

ゲーム機のメーカーの依頼でゲームが発売される前に
どういった形で不具合がでるか調べるためにただひたすらに
画面に向かってゲームを続けるのだそうだ。

そう言う仕事だと言ってしまえばそれまでだけど、
好きでもない、というよりもやりたくもないゲームを
延々と繰り返すらしい。



頭はボーツとするし、目は疲れるし、吐き気、眼の痛み、

目の乾き、眠れない、気が滅入る等の症状に見舞われる。


ゲーム好きな人がやってもゲームが嫌いになると言うから
その辛さは半端ではないらしい。

対戦ゲームは普通相手が有り、コミュニケーションの
面白さがあるので、その楽しさの分疲れが少ない。



気をつけないと、
無理をおしてのこの作業は諸病の元になるだろうと思う。

疲れをちゃんと取って休むことを心がけないと
後になって脳の血管系の病気を患う下地を作ってしまうだろう。



意外なことに人には破壊欲求が隠れているものだ。

ひどく疲れる事を続けていても、
ある限度をこえるとケアーに興味がなくなり、

過剰に疲れを溜めてはただ横になると言う消極的な休息
方法をとるようになる。

部分疲労も溜まりすぎると全身的な疲れとして感じてしまう。

本来部分疲労は、その疲労した部分のみの緊張を弛めれば
ウソみたいに疲れが取れるのが当たり前のこと。

家庭を抱えながらやむなくこの仕事をしている人もいるはず。



せめて、このブログに書いてあることだけでも実行して欲しい。
やることさして複雑なことでもなく誰でも出来ることだ。

誰にでもできるというと、価値がなさそうに思えるかもしれない。(笑)
しかし、単純な原理こそ大事なこと。



蒸しタオルが何故効果があるのかはひどく鈍ってしまった
血管の運動性を高めるから効果があるのであって、
蒸しタオルそのものに薬効があるのではない。

持ち分としての機能が高まることがミソ。



体操をやってから蒸しタオルをやっておくと良い。



「消極的休息よりも、積極的休息」そう心得よう。





posted by 由 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

健康雑誌「 はつらつ元気 」の取材を受けた

何とまあ、

雑誌の取材を受けましたよ!

「家庭で誰でもできる手当法」についてインターネットで
調べていくうち、たどり着いてくださったのだ。ご苦労様。

読みにくい私の他のHPも読んでくださっていて
さすが!と思った。

取材に来てくれた方が結構明るくて
皆で笑い転げてしまったり‥‥。

「犬でも分かる蒸しタオルの効果!」ってのが受けた。

蒸しタオルの効果についてはもちろんのことだけど
もうひとつは、

  害がない!

このことも大きなポイントになったみたい。


【 新ホームページ 】

ところで、この春にドメイン登録のついた
無料ホームページスペースを取得していた。
Web上で書き込みできるのでとても便利。

このHPを統括HPにすることにした。

NRT 自然性回復セラピー

こちらは取材をきっかけに書いた記事。

「犬でも分かる蒸しタオルの効果!」等々、
若干、このブログの記事と内容がダブる。



posted by 由 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

神経の疲れを癒し熟睡効果「眼の蒸しタオル」

先ほど来た人が言っていました。

最近、寝る前に眼に蒸しタオルをしてから眠るようにしたら
すごく神経の疲れが取れてよく眠れると。

人の体はパーツで出来てはいるけど、単一バラバラの集まり
ではなく、連鎖反応を起こすようにできているものです。

この人は少し前ちょっと厄介な症状に悩まされて
大変だったのだけど、そういう体験が体への思いやりに
変わっていくのも確かです。

患うことが全てネガティブとは言い切れないですね。

蒸しタオル一つをいろいろ工夫していくだけでも
ケアー上手になっていきます。
posted by 由 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

検索キーワードでTopは眼の疲れ、パソコン病、眼、ドライアイではなく‥‥

シーサーブログにはアクセス解析機能がついているので、9月にどんなキーワードで検索されてきているか調べてみた。

私はあまりアクセスについてあくせくと調べるほうではないがたまに使ってみる。

それで驚いたのは「吐き気」がトップだったこと。

なんとまぁ、これは気をつけないと脳充血、肝臓の充血した人、胆のうの機能低下、胃の充血、肩や首の凝った人が増えていることを表している。

大概の人は、それが「吐き気」だけだと思っているのではないだろうか。


もう少しで冬がやってくる。

エアコン+空気の乾く季節+パソコン=

「?」は人それぞれ症状は異なるだろうけど、吐き気の人が増えるのは確かなことだろうと思う。

まあ、これから改善のための情報を載せていこうと思う。

posted by 由 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

後頭骨と眼の疲れ

最近、指導室にくる方のほとんどが目が疲れている。

いろいろな症状を訴えるのだけど、そのことに眼の疲労が加わっている。

特に困るのはそれが、呼吸器の弱り、腰の硬化、生殖器の異常、消化器の炎症につながるケース。


普通は眼が悪いと眼のことしか考えない。
しかし、ことはそれだけではすまない。

眼の真後ろには、後頭部がありこれが肩甲骨と動きが連動し、呼吸器や心臓、腕に影響してくる。

また、後頭骨のにある緊張を弛めると腰が伸びてくる。
これまた腰との関連がある。

更に生殖器をつかさどる骨盤も後頭骨と密接に関係している。


多くの人の後頭骨が締まる力が弱く萎縮したり、硬くなっている。

とても心配だ。
なかには後頭骨が本来の姿を失ってしまっている人もある。

秋は冬に向かって骨盤がしまっていく。
そのための条件として後頭骨の引き締まりがある。

実は後頭骨は動くようにできていてその変化が女性の生理に大きく影響してくる。                                 

眼精疲労、ドライアイ、眼の痛み、眼がかすむ、これ等の症状も後東部を整えると調子がいい。
                                                                                                                                                          
posted by 由 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

パソコンと心身乾き同化作用、体の変化による心の転換作用

昨日、クライアントが面白いことを話してくれた。

その人はPCを使うのは嫌なのだけど、今は仕事上やらねばどうにもならない状態。やりすぎると体のあちこちが乾いてきて最後は胃の痛みや吐き気になるのだそうだ。

それでも、蒸しタオルをしたりまめに休憩を入れることでなんとかたもたせているらしい。

前回、指導室に来たときも疲れが限界になってやってきたのだった。

「この前来て帰るときとてもびっくりしました。

実はちょっと面倒な事を抱えていたのでそのことばかり考えていたのだけど、

それが帰るときにはスッカリ解消してしまったのです。」

え、どういうこと‥‥。

「来たとき目が開けられないし、肩や首、胃まで痛かったのが取れたら

あれ?なんであんなつまんないことで悩んでいたのだろうって

ふと思えたのです。結構悩みこんでいたのにケロットしてしまった。(笑)

おかしなもんですなー。

あの、ちょろっと横になっている間の体の変化がそんなにも心に作用するものなんですかねぇ」

そういうこともあるかもしれませんねー。


私はそんなことが起きるなんて予想外だった。

でもその人の話を聞いて、
過剰なパソコン使用が仕事や生活空間の中へ与える影響は眼精疲労、免疫機能の低下、ドライアイなど

単なる体の問題ではすまないことがあるのだという認識を新たにした。

そういえば、以前やたら長くパソコンの前に座っていた翌朝は機嫌が悪く、
子供につらい言い方をついしてしまっていたのを思い出した。

パソコンは人にとって大切な文明の機器だけど
質的に乾いた存在だけにこちらも乾きに同化させられてしまうのだろう。

気をつけなくっちゃ。
posted by 由 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

涙を流す腰椎一番

昨晩、眠る前に「腰椎一番」( 参考画像腰椎の中で一番上の骨)を行ってみた。

インターネットで調べ物をして少し疲れていたからで、
一回のみで決めなければならないタイプの体操をやってみた。

やると首の緊張がすーっと抜けていくのが分かった。

すると一分もしないうちに、眼の中が温かくなり目尻から温かい涙がたらたらたらと流れ出た。

ありがたかった。とてもとても。



腰椎一番涙腺の機能を活発にする作用をもっている。

体操のお陰でこの骨の周囲の緊張が弛み、そこの神経が活性化され、その結果粘膜が乾いてドライアイになりかけていた眼が潤ってそれで涙となってあふれたのだろう。

眼にとって涙は大切な潤滑油。
眼の痛み、疲れ、炎症改善するには大変助けになることは間違いない。



ありがたくてうれし涙‥‥まではでなかったと思うけど(笑)、

直ぐに眠りに落ちることができた。



関連記事:パソコン作業が影響する姿勢と歪みの問題

posted by 由 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

シャワーよりも風呂

パソコンの使用時間が長くなって、眼の疲労が溜まってくると
次はその疲労が胸部に及んでくる。

実は胸は睡眠とも深い関係がある。

今年は春が春らしくなく、梅雨が長かった。

春は尻が持ち上がって体が若返り、初夏で肋骨が
広がるはずが、その変化が顕著でなかった上に梅雨の打撃。

梅雨は呼吸器と腎臓系統が疲れ、血液の質が悪くなる。

睡眠がスッキリしない人が増えているのではなかろうか。

まずは、汗を出すことが肝要。

停滞したエネルギーを出してしまおう。

私も風呂の活用で梅雨を乗り切り、かえって調子が良くなった。

シャワーは気軽なのでついついソレで済ませがちだけど、
風呂にはいるようにして、汗を誘導した方が賢いと思う。

ただし、汗を冷気で急速に冷やさない方が良いのは当たり前。

特に年配者は気をつけよう。

これがどうしてパソコン作業や眼の疲労とつながるのか?

眼の疲れは深くなると腰まで来るのだけど、その前に呼吸器に来るからです。


むくみやすい(腎臓が弱い)、内臓下垂、喘息、アトピー、睡眠異常(呼吸器が弱い)、眼の疲労を溜め込んでいる、うつ傾向の人、冷えやすい人

こういった人の体にとっては負担な梅雨だったでしょう。

本人は気がついていないこともあります。
それは体が鈍ってしまっている場合です。

どのケースの人でも、風呂の活用は有益です。
posted by 由 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

デザインとタイトル変更

ははは、また変更してしまった。

シーサーはブログの機能としてはとても質が高いのだけど、デザインの種類がいまいち。

本当は黒の背景で決めたいのだけど、行間や字の大きさなど読みやすいのが無いです。

ま、しばらくこれでやってみよう。
posted by 由 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル変更

HPの名前つけるのってケッコウ悩む。

しばらくこのままにしてみよう。
posted by 由 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己紹介

ご訪問ありがとうございます。

このブログ作成者、金光由展と申します。

特に体の問題についてのHPとなりますと、一体どんな人間が書いているのか気になることと思います。

私は「より自然に」をモットーに「整体」と「メンタルヘルスサポート」を統合させて心身セラピー的に指導を行っております。

といってもこの二つのどちらか、あるいは複合の人もあり、ケースバイケースで行っています。

3人の子供と家内と同居しており、サムイダジャレ親父と呼ばれております。


私は大学の建築学部を卒業してから4年後、姿勢の歪みを整えて健康をサポートする療術の学校を1980年に卒業しました。

「建」築から「健」築に宗旨替えしたということになります。


その後、体を物のように扱うやり方が嫌で、整体についても学びました。野口整体関係の方で小川長也という方について10年ほど教わりました。

ところが、この整体は恐ろしいほどに人間の自然に忠実で、卓越された健康法を説いているだけにとどまらず、

結局やり続けていくと心身一如の自分の奥に触れていくことになってしまいました。

このことが、大学に入る前に心理学科に入りたいと思っていた私を、幸か不幸か揺さぶり起こすことになりました。

それで、全く0地点から自分を見つめ直すことになり、それがまた運の良いことに体と心を分離しないで内面を見つめる技術に出会うことができました。

体と心を分離しないで見ていきたいと思ってきた私にとって、これは実にラッキーでした。

やはり自分に忠実に生くることは力を持っているのですね。


そして10年くらい時間をかけて現在の形になりました。

体の問題に心理学や精神論を持ち出すと、少し不審に思われる方もいるかもしれません。

しかし、このHPに関しては「パソコン作業習慣病対策」に特化して眼精疲労をはじめとして、その影響を受けてしまう体全体の症状(生活習慣病)の改善策をご案内します。



このホームページは、PCに釘付けになっている皆さんに、パソコン作業でつまんない体の壊し方をして欲しくない気持ちから作っております。

詳細に関してはHP内容と重複しますのでこの頁には書きません。



実は私には目には若干のハンディがあります。といっても視力異常でも、白内障などの病名がつくほどのものではありません。

時々、調整し作ったはずの眼鏡が合わなくなるのです。それでPC画面が見ずらくなります。

後頭部と首を整えるとほぼ元に戻りはしますけど、気になるので調べてもらったら、水晶体自体に問題があるようです。

小学校のときに校庭に立っていて、ふと振り返った時に遠くから飛んできた硬いボールが左目に当たったことがあり、しばらく脳しんとう気味だったので、このときに水晶体が弱くなる原因を多少なり作ったのかもしれません。


最初に、‥おかしい?‥と思ったのは若い頃に高速道路で運転をしていたときでした。

さして長時間運転をしているのではないのに、目が開けられなくなるのです。

あれっ?と思いました。それを無理押ししていると、今度は眠くなるのです。

危ないです。


一度、首都高速を人を乗せて走っていたとき、

ハッと気がついた時には、右から左へ車線変更をしていたことがありました。神田橋あたりでした。

あまりに驚いたためか、眠気が飛んでしばらく気を取り戻しました。

目が覚めたきっかけは、夢うつつの中で突然

「ヨシクンッ!」と、どこからか叫んだ母親の声でした。



私の目がパソコン画面、高速道路運転などの持続的な刺激に弱い原因は、実はもう一つ思い当たります。

思春期にある慢性病のために顔の骨を削る手術をしているのです。美容整形ではありません。(笑)



ちょっと余談ですけど、整体が最も嫌うことの一つに打撲があります。

物理的ショックが内部や打ったのと反対側に入り、時間がたつとその緊張が元で別の病に発展することがあるからです。

幼少期に骨盤を打撲したのが元で乳ガンになっていたという話を、それを治した先生から聞いたことがあります。

でも打撲の場合最も良くないのは、ぼんやりしているときの速度のある不意打ちのケースです。

特に頭の打撲は慎重でなければなりません。

意外なのは、割と強く打ったはずなのにコブも骨折もない場合で、

後になってひどい状態になることがあるので、子供さんなど特に注意してあげてください。

その日を含めて4日間は風呂に入れないようにしましょう。



私の場合、その手術は運が良かったのです。

歯の上に一本痺れ麻酔を打っただけの手術でしたから、とても痛いけど全身麻酔ではないので、自らが構えることが出来たのです。


ガンガンガンとノミが突いてくる。

負けずに押してこらえる。

グシャッと骨が破壊されて壊れかけをペンチで引っ張る。

負けずに引いて耐える。

痛いので引っ張られる方へ付いていきたくなるのですが、

「お前が動いたら取れないじゃないかっどんっ(衝撃) exclamation×2

医者がスゴイ剣幕で怒鳴り散らすのです。

これはその医者が単に怒りんぼなのではなく、

手術の時間がほんの少しでも短い方が後での後遺症が少ないのを熟知していての判断だったのだと今は分かります。

事実その医者がやると他の先生と違って術後の経過がとても早く、それで有名だった。先生とインターンが顔の左右別担当でやると左右の顔の腫れが違ってくることになります。

しかし、今の自分からあの手術を眺めると「猟奇的」この言葉しかありません。不快な話ですみません。

みなさんに同情を請いたいのではありませんが、今はそれがリアルなのだから仕方ありません。



運が良かったというのは

ノミの打撲的な衝撃に対して不意打ちではなく、自覚的に耐えたことでした。このお陰で内部には衝撃が入ってこなかったと思います。

ただ、どうしても正面からの衝撃は後に、左は右にというように物理的に力が反映することは避けられません。

後頭部は目の機能にとても関係が深いことは、臨床的な実感です。

私の後頭部、首が自分の思うようには整いきらないのを感じます。

そして完全には復帰しない限界があるのもよく分かるのです。

骨を削ったことについては治しようのない状態にありますから、自覚症状が消えません。


だからこそ、そのためにパソコン作業の影響、その体の変化が具体的によく分かるのです。

そして当然、改善方法を施したときの効果、変化も全身的であることを、よーく感じるのです。

あの手術を決定し手配したのは母親でしたが、首都高速道路ではキッチリ責任をとってくれました。

これも運が良いと言えばそうですし、感謝です。



このホームページのタイトルは、作成当初

[つまんないでしょ 「 パソコンやり過ぎてからだを壊したんじゃぁ 」]でした。

パソコンそのものを悪いとか良いとか、害のあるなしをいうつもりは私にはありません。

パソコン作業習慣病」は私の造語です。でも成り立たない病名ではないかもしれません。

そのうち認可されるかもしれませんね。(笑)


それより、個人差はあるせよ、パソコンをやることで後頭部にある関節、首と頭の関節、頸椎の関節、

これらが常習的な異常緊張を抱えることを知らないで、

また、その影響を感じないで、

なにやかにやと症状を抑えようと不安を募らせ、

不機嫌になってしまったり‥‥



それじゃ、つまんないでしょ。



自分で出来ることがあるのですから、予防として身につけておくのも価値があるでしょう。

お役に立つことがあれば幸いです。

今、私には先でやりたい計画があり、その前にこのHPをある程度形にしておきたい気持ちがあってつくりました。

長文をお読みいただきありがとうございました。
2006.3.3.



NRT 自然性回復セラピー

東京都杉並区高円寺

       金光由展




グッド(上向き矢印)
posted by 由 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱ光はスゴイわ

さっきNTTの営業の人がブラリとやってきた。

聞くとうちのマンションに
フレッツ光・マンションタイプの配線が完了したとのこと。

ムフフ  だなぁ。

これで光に安く乗り換えられる。

でも、私のように、ムービー系にあまり関心がない者にとって何かメリットがあるのかと思って、回線の混み具合との関係を質問した。

なんと、光の場合、ADSLの信号が驚速ソフトによって改善されているものまではじいて、お先に失礼!とばかり混雑の中を走っていくそうな。

運動会の徒競走ではビリしか経験のない私にとっては

なんだか信じられない。
posted by 由 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google
My Yahoo!に追加このBlogをMyYahooRSSリーダーに追加
addto_w.gifこのブログをはてなRSSリーダーに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。