2006年07月20日

コンタクトレンズと眼の疲れについて

私は眼科医ではないので、あまり詳しいことは分かりません。
ですので、以下はあくまでも私の基本知識だと思ってください。

コンタクトレンズはハードとソフトとがあり、色々な面で技術的に躍進があるようです。

しかしやはり直接角膜に被さっていることにはそれなりに問題があると考えます。

大きく分けると二つの問題点があるでしょう。

 [ 1 ] 視力が固定されて眼の機能がそれに適応してしまう

 [ 2 ] 角膜が酸素不足になり傷つきやすい



[ 1 ]視力固定の害

これは眼鏡でもある意味では同様のことが言えます。

視力異常があるからコンタクトレンズあるいは眼鏡をかけなければないのですが、眼の機能からしたらそれらに適応しなければならないわけです。

眼のレンズも筋肉の力によって弾力を調整されております。

それが逆に視力を固定化されることで自力発揮しなくてよくなってしまいます。

この点、眼鏡ですと環境に応じて度数を変えれば眼は変化刺激を受けることになるのである程度の弾力を保とうとして適応するはずです。

これがコンタクトレンズとなりますと、ついついつけっぱなしになります。
便利ではありますが、眼の機能も固定化されるのは当然のことです。

できるだけ、眼鏡にして可能なら読書、外出、パソコン作業のそれぞれの用途に合わせて眼鏡を変えることをされる方が眼のためにも良いと私は考えます。



[ 2 ]角膜の酸素不足

本来どんな動物でも与えられた眼の機能だけでその役割を果たすことが出来るように環境に適応性があるものです。

魚の目と犬、カラスのそれでは違います。深海魚の中には眼そのものはさして機能していないものもあります。

蛙は両生類ですが陸でもOKというのではなく、時々水に浸かる必要もあります。

それで眼の本来の力が発揮できるようになっています。

また皮膚は眼とは違いますが呼吸しているという点では同じで、全身に金粉を塗ったり、全身やけどを負ってしまうと数分で生命の危機が訪れるのもわりと知られていることです。

眼もそれなりに呼吸をしていて涙液から酸素を吸収しているそうです。

酸素は生命維持には基本的に欠かせません。

コンタクトレンズの使用過度で眼の病気になる人があるのは素人考えでもうなづけることです。

医学が進歩しているといっても、先の動物達のことを思うとコンタクトレンズの不自然性は否定できないでしょう。

安易に使い捨ての安いコンタクトを無自覚に乱用しないで、詳しい医者の意見をよく聴いた方が良いように私は考えます。


ただ、コンタクトレンズ使用者の全員が眼の病気になったりするのではないようでして、その人の目の乾き具合や多の要素も関わるようです。

この点も、大事なことです。

つまり、健全性な状態を保てるように眼のケアーを施すことでその害も軽減できると私は考えます。

眼の神経が出ている首の緊張を弛め姿勢を整え、眼と関係している内臓機能を高め、目の血行を良くする工夫を怠らないことで病的な状態を免れることは可能なはずなのです。

これはコンタクトレンズ使用者だけのこととは限らず、動物と違って文化生活強いられている現代人にとって基本的なことであろうと思います。



Google
My Yahoo!に追加このBlogをMyYahooRSSリーダーに追加
addto_w.gifこのブログをはてなRSSリーダーに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。